仮面うつ病の特徴とは|うつ病の種類を正しく理解して早期治療を進めていこう

うつ病の種類を正しく理解して早期治療を進めていこう

仮面うつ病の特徴とは

ドクター

うつ病は大きく分けると患者数の多い大うつ病性障害と、双極性障害に二分されますが、細かく症状や原因の違いをみていくと、さらにたくさんの種類に分類されるといいます。例えば最近患者数が多くなっているうつ病が、仮面うつ病です。この仮面うつ病は、患者本人が病気の振りをしているのではありません。病気の症状は現れるのですが、うつ病であることがなかなか患者本人が自覚することができないという特徴があるものです。気分が落ち込んだり、やる気や興味がなくなるといったうつ病の代表的な症状があまり見られないため、気が付きにくいといわれています。精神的な症状よりも、肉体的な痛みや不調を強く感じるので、最初は内科を受診することが多いのも特徴となります。身体的な特徴は、手足のしびれや、頭痛、めまい、疲労感など多岐に渡ります。また、腰の痛みや、胸部が圧迫されるような感覚に悩まされるケースもあります。そのため、外科を受診する患者も多いといいます。しかし、内科や外科でいくら検査をしても、そうした疾患の原因は見当たりません。医師によっては、自律神経失調症という診断を下すこともあるといいます。そうなると、治療にもズレが出てくるので、仮面うつ病を改善することがさらに難しくなってしまうでしょう。適切な治療を受けるためにも、クリニック選びは重要になってきます。普段の生活で抱えている不調やトラブルを医師に細かく話して伝えることも必要です。正しい病気を診断してもらって、治療をしていくようにしましょう。そのためには、患者自身もうつ病の種類を正しく認識して、さまざまな角度から自身の症状を分析することも大切になるはずです。インターネットではうつ病の種類やそれぞれの症状をチェックすることもできます。うつ病の診断テストで、簡易チェックすることも可能です。病気の種類を知って、それぞれによって適切な治療方法が異なることを理解して、早期治療を始めていくことが最も重要になるのです。