正確性の高い診断|うつ病の種類を正しく理解して早期治療を進めていこう

うつ病の種類を正しく理解して早期治療を進めていこう

正確性の高い診断

女の人

うつ病検査方法の種類というのは、以前までは一種類しか存在しませんでした。その一種類というのは、カウンセリングによる検査です。精神科や心療内科の専門医は、患者とのカウンセリングを通して判断材料を集め、うつ病かどうかを判断してきたのです。しかし、それによって集められる判断材料というのは、主観的データでしかありません。例えば、患者がその家族が、実際の症状とは異なる症状を申告してしまった時や、医師が間違った患者の話を上手く汲み取ることができなかった時には、正しい診断を下すことは難しいでしょう。つまり、誤診してしまう確率が高いのです。うつ病には様々な種類があり、基本的にカウンセリングと投薬治療を行なうことによって治療していきます。その時、処方する薬というのは、うつ病の種類によって異なってくるのです。つまり、正しい診断を下さなければ、正しい治療を行なえないということになります。最近では、カウンセリングといった検査方法に加え、「光トポグラフィー検査」と呼ばれるものが導入されるようになりました。ここでは、光トポグラフィー検査がどういったものなのかを知っていきましょう。

光トポグラフィー検査というのは、近赤外光を頭に照射して前頭葉・側頭葉における血流パターンを読み取るといった検査です。この検査であれば、客観的データを得ることができます。うつ病患者の前頭葉・側頭葉の血流パターンというのは、健常者とは異なるものとなっています。それは、うつ病の種類の一つである双極性障害や精神疾患の統合失調症においても同じです。各患者における血流パターンというのは、それぞれ異なるものとなっているのです。専門医はその血流パターンの違いから、病気を特定することができます。ただし、その正確性は70%から80%と言われています。そのため、基本的にはカウンセリングによる主観的データと合わせて最終的な診断が下されるのです。光トポグラフィー検査の登場により、うつ病の診断における正確性は高いものとなりました。それは、正しい治療を行なえる確率が高くなったことを意味します。これから、うつ病治療はより効率的で効果的なものとなっていくことでしょう。