産後のうつ病について知る|うつ病の種類を正しく理解して早期治療を進めていこう

うつ病の種類を正しく理解して早期治療を進めていこう

産後のうつ病について知る

女性

女性の多くは、将来的に結婚して出産することになるかと思います。出産は人生における一大イベントですが、出産後には様々な問題が待ち構えています。ここでは、出産後にどういった問題があるのかを知っていきましょう。出産後の問題というのは、「産後うつ病」と呼ばれるものになります。産後うつ病というのは、うつ病の種類の一つです。その症状は主に、出産後に気分が落ち込んだり悲しくなったりといった心的症状、食欲不振等の身体的症状になります。この産後うつ病の発生原因というのは、妊娠中と出産後におけるホルモンバランスの変化だと言われています。妊娠時には、ゆるやかにホルモンバランスが変化していきますが、出産後には妊娠前の状態に戻そうとホルモンバランスが急激に変化してしまうのです。また、赤ん坊が生まれたことによる環境の変化というのも、原因の一つだと言われています。

様々な種類が存在するうつ病の一つである産後うつ病というのは、出産を経験した女性の10%から15%が体験している病気です。数多くの女性の中にも、現在進行形で出産後に落ち込んだり悲しくなったりイライラしたりしている人がいるかと思います。もし、そういった症状が現れているのであれば、精神科や心療内科を受診しましょう。母親の精神状態というのは、赤ちゃんにも影響を及ぼすため、早期に解決する必要があるのです。そういった症状の治療の種類というのは複数あり、その一つとしてカウンセリングが挙げられます。カウンセリングであれば、その他の治療の種類である投薬治療のように副作用に悩まされる心配もありません。自身の赤ちゃんのためにも、専門医によるカウンセリングを受けましょう。より早く解決することが、最も大切なのです。症状の続く状態を長引かせてしまうと、それだけ状態は悪くなります。最終的には、ホルモンバランスが戻ったとしてもストレスによる一般的なうつ病を患ってしまう可能性があるのです。